「Canvas Life Project (CLP)」は、ARTを PORTABLEにすることで、「ARTIST」 「FAN」間 のコミュニケーションを進化・深化させお互いを身近 に感じられる心地好い距離感を創ることに取り組んでいます。 ここ数年で浸透してきた総発信時代は、「価値観の多様化」と「それらニーズ」に応えるプラットフォームを醸成させ、「ARTIST」と「FAN」の関係は、「1:N」から「N:N」の関係に多様化・細分化している様に思います。それに伴い、「ARTIST」1人1人とその世界観に共感する「FAN」の方々との間に比較的小規模なコミュニティーが多数形成・拡充されています。この様な時代の流れと共に、「FAN」の方々が「ARTIST」を応援する仕組み及びより強固な双方向の繋がりを創出することがFANコミュニティーとしては重要なのではと感じています。 CLPは、「観る・触れる・感じる」をテーマとした「ARTIST」の世界観を踏襲した生活空間に溶け込むプロダクトの研究開発及び提供を通じて、ARTIST ⇄ FAN 間の潜在的繋がりを強固にし、「FAN」の方々の生活にこれまで以上の「FUN」を届けることを目標にしています。

MEMBER

渡辺 洋一郎

「Canvas Life Project(CLP)」企画・運営、責任者。一億総発信時代におけるARTISTとFANの新しい関係に興味を持ち「CLP」を企画、立ち上げる。ARTIST1人1人と丁寧にコミュニケーションを取らせて頂き、プロジェクトを進めて参ります。
FabLab Hiroshima-Akitakata 代表。鳥取県出身、広島県在住。2016年にデジタルファブリケーション施設ファブラボ広島安芸高田を創設、代表。

田中 賢

安芸高田市内を中心に活動するグラフィックデザイナー
2016年〜Fablab Hiroshima-Akitakata
2019年〜nicou

siijz

広島を拠点に活動するイラストレーター。
Canvas Life Project(CLP)推進アドバイザー兼アーティスト。

LOCATION

〒731-0501
広島県安芸高田市吉田町吉田3478-5
FabLab Hiroshima-Akitakata内